<< 祝100日 | main | 日産レンタカーに物申す。 >>
クッキングパパ 第三話
今までの話はこちらから
第一話/第二話

今日もそばでした・・・

で そばの話は置いといて
先週は「かえし」というやつを作りました。

しょうゆとみりんから作りました。
で、それを1週間ねかせて
今日はだしをつくって そばつゆを作ったわけですが。

だしは
干ししいたけ、こんぶ、厚切りかつお節 などから作りました。
そのあと香り付けに大量の花がつおをつかったり
なかなかごうせいでした。

でおもったこと。

すばらしきかな日本の食文化


ここまでして料理をする国って他にはないんでないだろうか?
とくに味付けとかだしとか。

昆布は昆布で種類はあったり、
かつお節は削り方の種類で味・風味が変わるとか、こるのは日本(アジア圏ぐらいじゃないのか?)

ウィキペディアからうまみの引用


古くからうま味の凝縮した調味料である魚醤や穀醤が意識して使われてきた東アジア圏や東南アジア圏の料理と異なり、西洋料理ではしおから味など複数の味の混合した味と認識され、独立の味とは意識されずにあまり重要視されてこなかった。そのため、長らく医学や生物学の分野でも日本人学者の主張するうま味の実在は欧米の学者によって強く疑われてきた。しかし、舌の味蕾にある感覚細胞にグルタミン酸受容体が発見され、うま味の実在が国際的にも認知されるに至った。こうした経緯により、うま味は国際的にも日本語起源の "umami" で呼ばれている。


うまみを日本人が見つけられたのも日本の食文化のおかげであろう。

ぜひ娘にはしっかりした味というやつを教えたいものである。
うちはいつも顆粒のダシつかっちゃってるけど
たまにはしっかりダシをとってみようかな。

■今日知ったこと
売ってるダシ、コンビニとかのやつはみりんを使っていないらしい(みりんは高いから)
その代わりに甘みをだすために水あめとかを使っているんだそうな。

そば湯で割って飲んだりするとその違いはまるわかりだそうな。


■ちなみに
うちのじいちゃんは、料理人でした。板前さんでした。
子供のころ ながーい刺身包丁とか、台所で普通に魚さばいていたりとか。
教えてもらっとくんだった。
(*補足:じいちゃんはまだ生きてる。ぼけてない。超元気)
カテゴリ:- | 23:19 | comments(1) | - | -
コメント
アメリカに行ったら、「旨み」の重要さに気付かされたよ…。
奴ら、甘くするかボリューム出すかすれば良いと思ってやがる!
| nil | 2006/11/20 6:57 AM |
コメントする